お金が心配ならばファクタリングを即日利用する

会社を経営しており、自転車操業の場合には売掛金のほとんどがすぐに入って来なければ倒産する可能性もあります。

通常会社間取引では、すぐに売掛金が入ってくるわけではなく、大抵の場合2ヶ月程度待たなければいけません。
それまでにお金を用意することができなければ、会社を維持することができないでしょう。

即日のファクタリングの最新情報が揃っています。

この場合には、即日お金を手に入れる方法があります。それはファクタリングの2者間で行うものを利用するものです。

2者間で行うものならば、特に債権譲渡の通知を必要としません。



ちなみに3者間で行う場合は債権譲渡の通知を必要とするため、その分だけ時間がかかってしまいます。

通知をしただけでなく、相手方からの承諾を得なければいけないためその返事を聞くのに2日以上かかることがほとんどです。最悪の場合には、1週間以上かかってしまうようなこともあるでしょう。しかしそのようなものを一切必要としない2者間の取引では、短期間でお金を手に入れることができます。
2者間のファクタリングは、即日お金を手に入れることができるだけではありません。



相手方の承諾がないため相手から怪しまれる可能性もあるわけです。
つまり債権譲渡の通知をしなくても良いため資金難であることがバレにくいです。

ただその反面問題点もあり、例えば即日のファクタリングの場合は売掛金の90%以上が手に入る事はなく、大抵80%前後のお金が手に入るだけです。


そのため、売掛金のうち何割かは掛け捨てのような形で捨てるしかありません。