ファクタリングはこんな時におすすめ

企業等が事業活動を続けていくうえで、常に気を配らなければならないのは手許現金の不足によるトラブルです。

おすすめのファクタリングについて調べるなら、こちらをご覧ください。

ただ、時には入金スケジュールの狂いなどによって、キャッシュフローが悪化してしまうことがあります。
そうした時におすすめなのが、ファクタリングと呼ばれるサービスです。



ファクタリングは一種の金融サービスですが、いわゆる融資とは異なります。具体的には、企業等が保有する売掛債権を有償譲渡することで、売却益を得ます。

融資ではないため担保や保証人は原則として必要なく、利用の可否はもっぱら債権の回収可能性がポイントとなるので、たとえば直近の経営状況があまり思わしくない企業などにもおすすめです。



このサービスを利用すれば、取引先との間に発生している売掛債権を実際の支払期限の到来前であるにも関わらず現金化することが可能になります。
そのため、短期のつなぎ資金などを調達したい場合に利用すると便利です。また、融資と異なり後日返済の必要もありません。

売掛金が入金されたら、それをそのまま買取先に回付するだけで済みます(買取先が売掛先から直接回収するタイプのファクタリングもあります)。
こうしたことから、ファクタリングはいわゆる「焦げ付き」のリスクを回避する手段としてもおすすめです。万が一売掛先の倒産などによって債権が回収不能になったとしても、買取先との間に特約を結んでいない限りは売却代金を返済する必要はありません。