水回りの詰まりと漏れは必ず起こるもの

水回りのトラブルの代表は、排水管の詰まりと蛇口などからの水漏れです。

突然起こるものですから慌ててしまう人も多いことでしょう。しかし、毎日生活している以上、このような水回りのトラブルは必ずいつかは起こるものです。そのため自分でもある程度修理をすることができるようにしておく必要があるでしょう。詰まりや水漏れの修理方法で重要なことは、トラブル箇所と原因を特定することです。たとえば、床が濡れている場合、どこから水が漏れてきているのか探さなければならないことがあります。

トイレの床が濡れているとしましょう。その原因は便器を伝って下に落ちてきているのかもしれないし、便器と床の間から湧き上がってくる場合もあります。給水管から水が漏れて床を濡らしていることも多いです。どこから水が漏れているのかを確認した上で、自分で修理ができるかどうかを判断することになります。詰まりに関しては箇所はわかりますが、何が詰まらせているのか、その原因は色々なことが考えられます。

その原因によって自分でも詰まりを軽減させることができることもあれば、プロの修理会社に依頼しないとどうすることもできない場合もあるわけです。もちろん、初めから修理会社に依頼するのも良いでしょう。簡単な修理であれば、5、000~8、000円程度が相場です。費用の内訳は、基本料金に工賃と部品代を合わせたものとなります。基本料金は修理会社によって異なるので要チェックです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *