トイレの詰まり、漏れは

私たちの生活に欠かすことのできないトイレが、万が一故障してしまった場合はどうしたらよいのか、焦ってしまいます。

普段何気なく当たり前のように使用していますが、ティッシュをいつもより多めに流したり携帯電話やカギを落としてしまって詰まらせたり、何が原因なのかわからずに水漏れしてきてしまったりすることがあります。このような事態になり、慌てふためく前に自分で出来る応急処置を覚えておくといいです。トイレの詰まりは汚物が流れていくことができる量よりも多いときに詰まり、水を流そうとすると便器の内側ぎりぎりまで水が押し寄せてきてしまい、今にも床まで溢れてきそうになります。そんな時は水が少し流れていくまで待ちます。

水位が少しずつでも下がっていくようならば、多少の隙間があるということなのでしばらく様子を見てもう一度流してみます。50度前後のぬるめのお湯を入れて、ふやかして溶かす方法もあります。詰まりがトイレットペーパーならば、水に溶けやすいので解決します。水位が全く変わらないようなら、完全に詰まってしまっているということです。

そんな時は、ラバーカップで数回押し込んでいくと、隙間を作り水圧で押し流すことができます。水漏れの場合は、まずはマイナスドライバーで止水栓を閉め、水を完全に止めてから原因を突き止めます。トイレから水が漏れていては水道代が高くなったり、マンションなら近隣住民に迷惑が掛かるので、早めに対処した方がいいです。わからないようなら早めに、専門の業者に連絡することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *