水漏れやつまりが起きる原因とは?

排水管は、さまざまな原因で水漏れやつまりが起きます。

どのような原因で排水管のトラブルが起きるのかを把握しておくことで、万が一のトラブルの際にも対応しやすくなるでしょう。水漏れの原因として多いのは排水管の劣化です。排水管は年月が経つにつれて少しずつ劣化していき、やがて破損してしまう場合があります。水漏れが起きた場合には設置からどの程度の年月が経過しているかも、劣化による水漏れかどうかを判断するポイントとなるでしょう。

なお、比較的新しい排水管も地震などが原因で破損してしまう場合があります。あるいは、地震が何度か続くことで徐々に破損が進み、やがて水漏れになってしまう場合もあるでしょう。一方、排水管のつまりの原因になるのは汚れです。キッチンの排水管には日々の料理で使用した油や細かい野菜などのクズが流されています。流された油は少しずつ排水管にこびりついていき、さらにそこに野菜などの食材のクズが付着することでつまりにつながってしまいます。

日々の生活の中で食器洗いをしていると、知らず知らずのうちに排水管に流れた油や汚れがこびりついていくのが通常です。これらは何年もかけて少しずつ蓄積していき、やがて排水管のつまりのトラブルとなっていきます。なお、お風呂場の排水管も髪の毛などが少しずつ排水管に詰まってしまう場合があります。排水管のつまりは重曹や専用の洗剤を使用することで自分で改善することが可能です。定期的に排水管の汚れを落とすことで、大きなトラブルを防ぐことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *