水漏れとつまりは自分で修理可能?

水回りのトラブルはどのような家でもしばしば起こりうるものですので、ある程度のことは自分で修理できるようにして置く必要があります。

最初は難しく感じても、何度か繰り返していくうちに慣れてきます。水回りトラブルで多いのは、水漏れとつまりです。水漏れに関しては、様々な個所に使用されているパッキンの劣化によって起こる場合が多いです。

古いハンドルタイプの蛇口の場合は、パッキンの交換も比較的簡単にできますが、必要なレバー式の蛇口はカートリッジの交換が必要となり、シャワーの蛇口などは蛇口ごとの交換は必要となり簡単に修理できない場合も少なくありません。自分で水漏れの修理が難しいと判断した場合は無理をせず、専門の修理会社に修理を依頼するのが良いでしょう。また、排水管のつまりは水漏れとは異なり予兆があることが少なくありません。

水の流れが悪くなってきたり、悪臭が昇ってきたりするような場合は、排水管がつまりはじめている証拠です。このような場合にはパイプクリーナーなどを流し込んで排水管の汚れを除去してみると良いでしょう。つまりが酷い場合は1度だけでは解消せず、何度か繰り返さなければならないかもしれません。ただ長年の汚れが蓄積されているような場合は、完全に汚れを除去するのは難しいかもしれません。特に悪臭が酷いような場合や排水管の中に物を落としてしまったような場合は、専門の修理会社を読んで、つまりの原因を取り除いてもらうのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *