水漏れのトラブルを自分で修理するやり方

ほとんどの住宅で1度は、水まわりの設備に関するトラブルに遭遇したことがあります。

特にバスルームや台所は頻繁に利用するため水栓が水漏れするトラブルが、とても起こりやすいです。水漏れするトラブルは発生する場所によっては見つけにくいですが、水道料金が普段よりも非常に高くなることによってが気が付くことが可能となります。水漏れの修理と言えば専門的な施工会社に頼まないと対応することが出来ないように感じられますが、トラブルの程度によっては自分で修理可能です。

水道設備の中でも修理するのが簡単なのは、バルブとパッキンの交換になります。水漏れのほとんどがバルブとパッキンで発生していて自分で修理出来るようになれば、とても心強いです。修理するのに必要となる部品は防水テープと水栓パッキン、取り換えバルブで、どの部品もホームセンターなどで手に入れられます。手に入れるときには16水栓であると表記しているものを探すことが必要です。

16水栓は家庭向けの水栓であることを意味していて16水栓の表記があると、多くの器具に対応出来ます。バルブやパッキンの交換の際は、給水栓を初めに閉めることが必要です。この手順は、水漏れのトラブルの工事をするときの基本となるので忘れずに行う必要があります。パッキンの交換ならプライヤーで蛇口を接続しているナットを外し新品に取り替え、バルブの場合はケースを外してドライバーで簡単に交換することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *