水漏れトラブルを自分で修理する方法

蛇口から水漏れのトラブルが発生した場合、修理業者に連絡するパターンが多いと思いますが、自分でできる場合もあります。

蛇口は、シングルレバー混合水栓やハンドル混合水栓、サーモスタット混合水栓や単水栓などの種類があり、それぞれ微妙に方法が違うので注意が必要です。シングルレバー混合水栓から漏れている場合は、パッキンの破損やカートリッジの破損、ナットの緩みが原因になります。パッキンやカートリッジを新しいものに交換することで治ります。ナットの緩みは、モンキーレンチを使って締め直すことで漏れが解消します。

ハンドル混合水栓からの水漏れの場合は、パッキンの破損やコマパッキンの破損が原因のことが多いです。コマパッキンは、スピンドルと呼ばれる部品の下に付いています。こちらも破損が見られたら、パッキン同様に交換していきます。サーモスタット混合水栓から水漏れしている場合は、蛇口本体部分のバルブの破損が主な原因です。バルブの破損は、バルブ自体とバルブ内部に取り付けられているスペーサーの2つの可能性があります。

バルブ自体の場合だと、バルブごと交換する必要がありますが、スペーサーのみだと単独で取り換えるだけで解消することができます。単水栓からの水漏れの場合は、三角パッキンの劣化が主な原因になります。取手部分のナットを外した後ハンドルを取り外し文字通り三角形のパッキンを取り換えれば修理できます。水漏れトラブルの修理方法が分かっていても、交換部品や工具がない場合は、止水栓を止めて修理業者にお願いすることになります。トラブルを自分で修理する場合も、被害を抑えるためにまず止水栓を止めてから作業するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *