トイレの水漏れに気付いたときの修理方法

トイレに座っているときに、水の音に気付いたという場合には、水漏れが起きているので修理をすることが必要です。

流れる水の音がするという場合に多いのが、タンク内での不具合です。トイレタンクで水漏れが起こる原因になりやすいのが、ボールタップと言われる給水弁とフロートバルブと呼ばれる止水弁、オーバーフロー管で、どこかに不具合が起きていることが考えられます。タンクの中にオーバーフロー管という管が1本立っているので、タンクのふたの部分を外して確認してみましょう。オーバーフロー管の先端まで水が来ていて、管の中に水が流れ込んでいる場合には、ボールタップの不良となります。

またオーバーフロー管の先端よりも水位が下で水が流れている場合には、フロートバブルの不良です。止水栓や給水栓の位置がずれていて、水が流れてしまっている場合には、手で位置を直すだけで水が止まりますが、一がずれていないという場合には、ボールタップやフロートバルブが劣化している可能性が高いため交換が必要になります。

トイレの水漏れは、水が流れっぱなしになってしまうことが多いため、すぐに修理をする必要がありますが、まずは一度タンクのふたを開けて不具合が起きている場所を確認して、位置がずれているだけなら自分で直しましょう。水が止まらない場合には、部品の交換や修理が必要になるので、水道修理の専門業者に修理を依頼することになります。水道の元栓をしめて、早めに専門業者に来てもらうようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *