自力で修理できるトイレの水漏れ

トイレの水漏れが発生しても、原因は一つではありません。

実に様々な原因が考えられ、漏れ方が酷い時には階下にまで影響を及ぼしてしまう恐れもあります。周囲に影響が及ばないように、まず最初にすべきことは止水栓を止めることであり、止めておけばゆっくりと原因を調べることが可能です。一番安心できるのは水道の元栓を閉めることですが、家中の水道が止まってしまうため、他の部分で水を使う時には閉められません。

部分的に止められるのが止水栓であり、トイレの修理を行っている間は必ず止めるべきです。よくあるのは排水管から水が漏れ出ているケースであり、接合部のナットの緩みが関係していることが多々あります。

ナットの緩みは修理と言っても一番簡単な処置で済みますので、水漏れの症状としても軽いものだと認識できます。排水管にあるパッキンが原因の場合は分解してパッキンを交換しなければなりませんが、それでも自力での修理ができますので、業者に依頼する必要がありません。パッキンはメーカーに問い合わせて取り寄せると、正規品を簡単に入手できます。便器内に水が少しずつ漏れている時には、浮き玉の位置が標準水位よりも上になっているため、水位調節リングのロックを解除して右に回します。大量に水漏れしている場合には、フロートバルブを正しい位置に戻すことで直せる可能性大です。このようにトイレの水漏れでも簡単に直せる症状がたくさんありますので、できそうな状態なら試してみることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *